第94回 牛乳・乳製品から食と健康を考える会 開催

Q11.今出す方が洗わないとか、出し方が分からないという話だったのですが、例えば、生協の牛乳の場合、開け方とか洗ってこういうふうに出すというものが1リットル商品だっだら大きいので、そこに絵が描いてあるんですよ。教育的なところは一般の商品だとやりにくいのかもしれませんが、スペースはあるのでその気になればそういったアピールの仕方はあると思います。
A11.
  • 自治体によって回収の分別方法が異なるので、「洗って開いて乾かして」までは書けるのですが、その先が書けないんですね。
Q12.我が家は牛乳パックをきっちり洗って開いて出しています。手で開いているのですが、同じメーカーであっても、普通の牛乳と低脂肪牛乳で開け方が逆になっているとかですね。つまり剥がして開く時に、向きが逆になっているんですよね。それからメーカーによって、製品によってパックの開け方が全部違うんですね。もちろん同じものもありますが、いろいろな理由があることはよく分かりますが、もう少し何とかならないものかなと思います。相当に努力型の人間か、慣れないと結構難しいです。はさみでは切っていません。飲み終わったら水を入れて流しに置いておいて、ちょっと湿ってきたら手で開いています。
A12.
  • 私たちはハサミで切ってくださいと言って、ハサミがないと言われたら、手でもできますよとお話ししています。
Q13.先ほどの、単身赴任のサラリーマンの話を聞いていて一つ思ったのは、JRの新幹線の駅のごみ箱がこういうものを捨てる場所が全然ないんですね。新聞雑誌とペットボトルとびん缶、あとはその他になっているんですよ。どの駅も多分。だからオリンピックもあることですし、ぜひ業界としてJRにぜひご提案をしてほしいと思います。新幹線の列車の中も全然分別されていないですよね。やっぱりあそこから変えてほしいなとちょっと思いました。
  • 質疑応答
  • 質疑応答
Q14.ちょっと先のことを知りたいのですが、乳幼児用の粉ミルクに代わるいわゆる液体ミルクの容器について何かお考えがありましたら聞かせてください。新しい革新的なことをやる時に、こういう環境問題も大いに今以上に出すべきかなとちょっと個人的には思っています。早ければ年内にも出る会社もあるという情報もちょっとあったものですから。
A14.
  • 液状ミルクに関しましては、ようやく法制化されたということではあるのですが、粉と液状というのはすごく扱いが違ってきます。我々メーカーは、これまでに培ってきた知見をベースに検討していますが、粉を単純に液状にするということではなく、赤ちゃん用のものですので品質や安全面を重視しています。容器の具体的な検討はまだ進んでいないというのが正直なところです。また、容器以外にも多くの課題があります。1~2年以内に発売される見込みという話もありますが、いつまでに発売できるのかまだ見通せていません。(森永乳業(株)広報IR部より回答)
  • 質疑応答
Q15.お豆腐は、LLで、賞味期限10か月を実現ということで常温保存がもう許されているわけですね。LL牛乳も同じですか。保存は許されているわけですね。でも、実際に店なんかで見ると冷蔵庫に入れているところが非常に多いですよね。だから、いつも私はおかしいと思っているのですが。
A15.
  • 常温保存可能品を冷蔵していただく分には問題ないです。
Q16.ただ、それは家庭で使う人が勝手にやるという意味ではわかるのですが、流通で冷蔵で流通するとエネルギーも使うわけですし、そういう意味ではもったいない話ですよね。LL牛乳というのは、実際にはこれだけ災害があって、本当は需要はものすごくあるはずなのに、実際にはほとんどPRされていません。だから一般の方でも知らない方が多いのではないでしょうか。実際にLL牛乳としてちゃんと情報を流して売っているところも少ないですよね。
A16.
  • 確かに、災害現場でご活用いただいているという話を時々耳にして、そういうところで非常に重宝しているという話をお聞きすることが最近あるものですから、その辺は売る時にもそういう用途についてもうちょっとアピールしながら売るというところも売る担当にも伝えたいと思います。また、常温の売り場となると、通常売っている牛乳の売り場とは離れたりすることもあって、そういうところも認知度が低い理由なのかもしれません。
  • 質疑応答
Q17.LL牛乳の基本的な扱い方なのですが、冷やして売っているものを家に持ち帰って常温で保存は可能なのですか。冷蔵の温度差というのは特に品質に関わることはないということですか。
A17.
  • それは大丈夫です。
Q18.どっちが今売れているのですか。うちの近くのスーパーにはないですね。
A18.
  • 牛乳全体で言いますと、屋根型の紙パックの牛乳が一番売れています。あれが圧倒的だと思います。LL牛乳などはほんのちょっとという感じです。
Q19.あと、例として出ていたアロエヨーグルトのグラム数は118gなのですが、どうしてこういう中途半端なグラム数になるのですか。
A19.
  • そこはいろいろな調査とか何かで決めていると思います。1リットルの牛乳で言うと使い切れなくて残してしまうという声をいただくことがあります。では、使い切れるサイズということでちょっと小さめのものを出そうかという話があったとは聞いています。そういうことでお客様に選んでいただく選択肢を増やすという意味はあると思っています。
Q20.さっきの海洋のプラスチックごみ関係でストローを生分解とかに変えるという動きが世界的にありますが、こういうものの場合、紙とプラスチック両方ですよね。これは皆さん方で改善とか、ストローをなくすとか、生分解性にするとかそういった検討はしているのですか。
A20.
  • ストローについてそういう問題があることは当然認識していますし、いろいろなところでそういう動きがあることは承知しています。では具体的に対応策があるのかというと、単純にやめると、じゃあどうやって飲むのだという話になりますし。その辺いろいろな課題があるので、そこは考慮しつつもどうするかについて検討しているところです。
Q21.さっきの話と一緒で、いちいち分別して回収というのが難しいからどうしても一緒くたになることがありますよね。そこは検討の余地があるのかなと感じます。
A21.
  • そうですね。その辺は課題としては認識しています。
Q22.飲んだらストローだけ抜いて別にということをやる家族と、やらないでポイと燃える方に捨てるのと結構ありますね。燃やしてもいいわけですよね、ストローは。
A22.
  • 燃やすのであれば、そのまま燃やす分には全然問題ないです。ただ、この容器の部分は紙なので、これはリサイクルできるというところから言うと、容器はリサイクル、ストロー焼却にしていただければということです。

1 2 3 4 5 6 7