第94回 牛乳・乳製品から食と健康を考える会 開催

牛乳、乳製品の容器包装

現在主に使われている容器は、ガラスびんと通常スーパーで売られているような屋根型の容器、アルミ付きの紙パックです。
ガラスびんはリターナブルなので何度も繰り返し使えますが、紙パックとアルミ付き紙パックはワンウェイで繰り返しの使用はできません。ただし、それぞれ利点があって、紙パックは軽量で輸送効率が高い、もともと紙は木から作られるのでバイオマス素材だということがあります。アルミ付き紙パックも同じような利点はありますが、アルミが入っているばかりに紙パックと一緒にリサイクルしにくいところがあります。一般のスーパーではアルミなしの屋根型の紙パックが最も効率がいいということでよく使われています。
ガラスびんはリターナブルなので繰り返し使えることから環境性が良いと思われていますが、長所と短所があります。ちゃんとこれが回収されて、100%に近い形でリユースされれば効率はいいのですが、運搬にあたっては紙容器より重く不利な点となります。従って、工場からある程度近距離で、しかもリユースのために、びんの回収がある程度確保できるところで使うと環境的にも利点があります。そのため、びんは宅配牛乳で主に使われています。一般的にスーパーなどで売られている牛乳は、リサイクルをお願いしてもなかなか100%までは行かないところがありますので紙パックを採用し、輸送効率とか軽量という利点を生かした使い方をしています。
アルミ付き紙パックについては、特徴として常温で長期間、60とか90日とか置いておけるので、買い置き需要だとか離島あるいは災害現場など、生鮮品を置いておくことが難しいところでうまく活用していただいています。

では、それぞれの容器についてそれなりに工夫しているところをご紹介します。

  • 1びんの取組(軽量びん)
  • 1びんの取組(軽量びん)

ガラスびんは、昔よくメガネが牛乳びんの底のようだという表現がされた通り、とても肉厚でしたが、最近は各社ガラスの厚さを減らしてきています。弊社の場合、244gだったものが130gになっていますが、これはどうやって実現したかというと、びんの外側に樹脂コートを施しています。
牛乳びんが駄目になる原因は、びん同士がぶつかって小さな傷が付き、そこから亀裂が入るといったことですが、そこに薄い樹脂コートをすることで、これまで30回のリユースしかできなかったものを倍増させ、軽量化とリユースの回数の改善をしています。

  • 1びんの取組(クレートの軽量化)
  • 1びんの取組(クレートの軽量化)

びんの重量が軽くなったので、クレートという、牛乳を運ぶためのプラ容器も同時に軽量化できて1,510gだったものを1,300gにしました。
積み段数も増やすことができて、1台あたりのトラックで積める量が1,960本だったのを2,520本まで増やすことができたというように輸送効率も上げる工夫をしています。

2紙パックの取組(啓発活動)

屋根型紙パックは日本乳業協会が中心となって、全国牛乳容器環境協議会というものを作り、リサイクルの啓発活動・調査活動をやっています。いろいろなイベントを通じて紙パックをリサイクルするとトイレットペーパーになるとか、地球環境にも貢献をするといった啓発をしたり、いろいろな場所に出掛けていって、自治体の担当の方とお話をして、どうやったらリサイクル率を上げられるかといったディスカッションもしています。

  • 2紙パックの取組(端面処理)
  • 2紙パックの取組(バリア―容器)

容器の方の取り組みとしては、紙パックそのものの密閉性を上げて、賞味期限を長くしようという取り組みをしています。
紙パックは開くと1枚の紙になっていますが、一番端のところがのり付けをする面になっていて、折りたたむと紙の端っこが内側の液と接するところがあり、紙と牛乳が直接接触するとこういうところに菌が残りやすいので汚染することがあります。スカイブド加工というのはそれを一旦折り曲げ、折り曲げることでポリエチレンの層としか牛乳が接しないようにしています。こういった技術によって賞味期限を延ばしています。
これは特に、香りの付いた果汁などに使われますが、通常の紙パックは真ん中に紙の層があって、内側と外側にポリエチレンのフィルムが貼ってあり香りなどの通気性が少しあります。その通気性をなくすためにここにバリア層という特殊なプラスチックを入れることでジュースの香りが抜けないように工夫している容器もあります。

2紙パックの取組(500ml原紙軽量化)

紙パック自体にも軽量化の工夫をしており、もともとは500ミリリットルの物も1リットルの物も同じ紙を使っていたのですが、500ミリリットルの方が小さいので強度が弱くても大丈夫ということで、薄い紙を使って紙の使用量を減らす取り組みをしています。

3アルミ付紙パックの取組(LL研)

アルミ付紙パックについては、アルミがあるので分離しにくく、アルミなし紙パックと一緒に集められずにいるのですが、アルミが付いていてもアルミなしの紙パックと一緒に回収しても大丈夫とおっしゃる再生紙業者が最近は増えてきています。例えば店頭回収ですと、そういう業者に行くことが分かっていますので、そこで大丈夫だと言っていただければアルミ付きも一緒に集めることができるようになるため、そういったところを啓発しています。
こちらは与野フードセンターさんでやっている表示です。こちらはいなげやさんだったと思いますが、アルミ付き紙パックも回収できるようになりましたと、チラシの片隅に載せていただいたりしています。最近だとイトーヨーカドーさんにもアルミ付紙パックの回収をやっていただけるようになってきています。

アルミ付紙容器の回収拠点検索(日本テトラパック)

アルミ付き紙パックってどこで回収しているのか分かりにくいのですが、テトラパック社が作ってくれている回収拠点検索をご紹介します。地図の東京の部分をクリックすると、コモディイイダさん、サミットさん、マルエツさんなどのスーパーマーケットがアルミ付き紙パックの回収拠点となっているということが検索できるようになっています。

1 2 3 4 5 6 7