第84回 牛乳・乳製品から食と健康を考える会 開催

メチニコフ思想の影響

メチニコフの思想の影響について述べます。メチニコフは現在の免疫学の基礎を確立し、ノーベル賞を受賞した学者です。彼が1908年に“The prolongation of life”という書物を著しました。明治43年、大隈重信によって設立された大日本文明協会から資金を得て、中瀬古六郎(なかせころくろう)が“The prolongation of life”を翻訳し、「不老長寿論」を出版しました。メチニコフは「進化論」のダーウィンの信奉者でした。メチニコフは微生物を高等微生物と下等微生物に分けて微生物学を発展させましたが、彼はこの高等と下等の発想を人間社会にも当てはめたのでした。つまり、文明人と野蛮人といった具合に人種差別主義を唱えたわけです。彼は、人間はそもそも病気状態にあり、不調和なものである。それを健康にするために外部から何かを摂取しなければならない。そこで、腸内微生物に気付いたのです。野蛮人は永久にそのままで、文明人こそが腸内の悪い菌を良い菌に変えるための知恵があるとしました。こうした思考のもとで腸内微生物学が誕生したわけです。

雑誌「実業の日本」の創刊

「実業の日本」という雑誌についてです。明治30(1897)年に読売新聞記者の増田儀一と東京専門学校(現早稲田大学)の光岡威一郎によって創刊号が発刊されました。

病根を一掃し活力を持続し健康を増進する長寿霊剤の新発見

「実業の日本」が創刊されて間もなく特集記事「病根を一掃し活力を持続し健康を増進する長寿霊剤の新発見」が掲載されます。この特集は醗酵乳・ヨーグルトに対するメチニコフの考え方を掲載したものです。その記事をより効果的にするために当時の各界名士23名を紙面に掲載し一般人に発酵乳の摂取を大いに呼びかけたのです。

ケフィールの製造販売(阪川牛乳店)

ケフィールについてです。こちらは、ケフィールが阪川牛乳販売店から製造販売されたことを掲載した「大日本農会報」の一文です。大正元年のことです。

実業家によるヨーグルトの製造と販売

大正3(1914)年には民間実業家三輪善兵衛によってミツワ石鹸本舗(丸見屋)から初めてヨーグルトの製造と販売が行われました。

乳業者によるヨーグルトの製造と販売

乳業者によるヨーグルトの製造と販売が大正6(1917)年開始されました。その理念は創業者野村保の「貧しい物への救済と、慈善事業のもと国民の健康への貢献」です。

醗酵乳酸菌飲料の誕生

醗酵乳酸菌飲料の誕生の話です。カルピスについては、醗酵乳酸菌飲料では日本で一時代を画しました。歌人の与謝野晶子までカルピスの歌を詠んでいるほど、当時は大ブームを起こしました。

1 2 3 4 5 6 7