第78回 牛乳・乳製品から食と健康を考える会 開催

全国的にはどのようになっているのかは、下図の通りです。指定生乳生産者団体とは、生乳の取扱い団体のことです。各県に1つあったのですが、現在、府県はブロックに1つとなっています。我々(ホクレン)が実は半分を占めているわけですが、その次は関東、九州、東北、東海の順です。それぞれの地域にこの団体があって、生乳を取り扱っています。このことを頭において頂きたいと思います。

指定生乳生産者団体の出荷乳量(平成25年度)

ここから、本日の演題の最大のポイントで、乳価をあげたからには北海道はきちんと生産量を上げろとメーカー各社の方々はお思いになっていると思います。本日、このような講演の機会を頂戴できたことに、感謝しなければならないと思っています。なぜ、北海道の生産が揺らいでいるのかをお話致します。
北海道の生乳生産が失速している要因は3点あります。
1)酪農家の戸数:分かり易く言えば離農が多い現状がある
2)搾乳牛頭数:一戸あたりに飼育している乳牛の頭数、そもそも牛がいなければ生産はできない
3)一頭あたりの搾乳量:一頭あたりどれくらい乳を出しているか
これらを、詳細に説明致します。

生乳出荷戸数前年比(%)

上図は、生乳を出荷されている酪農家戸数が、前年に比べてどのくらい残っているのかを示したグラフです。昭和60年から平成25年までの変遷です。平成4~7年は毎年4%位減少しています。その後、3%に一旦落ち着き、良い年は2%程度となり3%~2%の間を行ったり来たりしていましたが、今3%を割り始めたというのが現状です。
酪農というのは、一つは親から子へと親子継承だけとはなりません。酪農家は、本当に働き者です。その子供さんですから、勤勉で他産業にどんどん就業してしまいます。実は、ホクレンの職員の中にも、酪農家の子息が数多くいます。有名大学を卒業し、何とか酪農のためになりたいということで働いております。
そういった状況で酪農を続ける戸数が落ちてきます。しかし、逆に参入する、新規の人を酪農に入れればよいではないかということになりますが、毎年、酪農を止める戸数は200戸あります。新規に参入される方が毎年30~40戸です。なぜ、そのように少ないのか。イニシャル投資が、5,000万円~1億円かかります。牛1頭、50万円します。牛舎を建築すると、最近の牛舎は1億円ほどかかってしまいます。搾乳をするための施設は、良いものになると2,000~3,000万円かかります。酪農は施設産業であり、生産する牛自体も50万円という大変な資金が要ります。小規模に始めても、5,000万円です。学校を卒業したての人が、5,000万円の資金があるかというと、用意できません。それでは、こういう人に対して、例えばリース方式であるとか様々な方法で何とかしてあげている状況はありますが、しかし、思い切って酪農を始めようかという人にとっては、あまりにも重い負担がかかります。これが、北海道で酪農を始めようとする人にとって、大きなネックとなっており負担となっています。従って、現状の毎年戸数が減っていく分を新規参入の方々で補うということにはなかなか難しい状況です。

年代別離農戸数と離農主因(平成24年度)

戸数が減っている理由についてですが、上のグラフを参照下さい。その理由はたくさんあります。年金を支給される年齢になったため、止めるという方が一番多い。平成24年度の方々を調査した結果の統計をとったものです。だいたい200戸位離農されています。実数は204戸が正確な戸数ですが、そのうち90戸、約半数は60代の方々です。一番の理由は本人、家族の高齢化、後継者がいないことが41戸となります。その他に若い方々でも離農されています。50代の年代の20戸で、その理由は本人、家族が病気になってしまったり怪我をしたことです。実は、酪農というのは家族皆でやっている商売なのです。だいたい1家族3人位働いています。ケースとしては、若い夫婦とその父親、あるいは高齢な方であれば、親夫婦とその息子さんがだいたい平均的な酪農家です。この3人のうち1人でも病気になると、大きな経営を維持して行かれない。労働的にも非常に厳しいものだということもご認識頂きたい。
それから、相変わらずですが、負債が大きく止めるという方もいないわけではありません。全体的には4分の1位の方がいます。酪農というのは、どの位の仕事をこなしているのかといいますと、平均的な酪農家では1年間で600t位搾っております。600t搾るといことは、乳代と子牛や乳を出す牛の販売で、6,000~7,000万円の年間所得があり、場合によっては1億円位の収入・支出がある。ちょっとした中小企業の規模です。ですから、経営感覚が必要になります。乳業メーカーから多大な乳価を頂戴している訳ですが、それでも餌代が騰がったりしてカツカツの経営なのです。ひとつ間違うとずっと赤字が続くことになります。例えば、牛が病気になってしまった、原因が分からないまま次々と牛が罹患し乳がでなくなる。このことだけでも、1,000~2,000万円の赤字となってしまう。このような商売となっている現状です。経営が大規模になればなるほど経営能力が必要です。そこで失敗して酪農を止めざるを得ない人も出てくる。
やはり、その中で一番多い理由は後継者がいないため自分の代で止めようとすることです。また、65才になると年金が万度に支給されるので、そこを潮時として止める方が多いのです。
こういった理由で生乳出荷の戸数がどんどん減っている状況の中で、1000t以上搾乳できる酪農家は、大きく増えてきている。こういった形態で生産を維持してきたのです。
1戸当たり搾乳牛頭数、つまり減った分を他の酪農家が飼育して生産してくれればいい訳です。こういうことが行われてきたかということを検証します。

一戸あたり搾乳牛頭数の伸び率(%) 乳量階層酪農家別出荷数量の推移

1戸当たりの搾乳牛頭数が伸びなかった年は、それほどなかった。ただし、伸び率は段々落ちてきていることはご理解いただけると思います。特に平成18年に0.2%の伸びとなっていますが、実はこの年は最後の減産なのです。減産して以降、伸び率は良くなってきていますが、大体1%になってきている。直近ですと、0になっています。今年に入ってからの伸び率は、恐らく0になっていると思います。こういう様に、1戸当たりの伸び率を支えた原因は、酪農家の出荷戸数、これを乳量階層別に見ますと、200t未満は減って、300~500tの酪農家も減ってきていますが、500~1000tの酪農家は、やや維持傾向にあります。実は、1000t以上の酪農家は爆発的と言っていい程増えてきていて、平均してみると1戸当たりの伸び率を上げています。これは、北海道で進んでいる投資による規模拡大で、メガファームと我々は言っているのですが、1000t以上の酪農家の方々が今約700戸おり、全部で1384千トン生産しております。法人経営はおそらく、1,000戸に近い戸数だと思われます。こういった大きな流れになってきています。

酪農の形態をここでご紹介いたします。よく見る酪農というのは、パイプラインミルカーという装置を1頭1頭、牛に取り付けて、牛は繋がれていて乳を搾っていくやり方です。実は、北海道でも全体の8割はこの形態です。また、平成に入ってから増えてきたのが、フリーストール牛舎。牛が繋がれていない状態で、その中で自由に動く、好きな時に餌を食べられる、そして牛が乳を搾って欲しくなったら、搾る場所に行く。その搾る場所は、ミルキングパーラーと言い、昔は1頭1頭搾っていて、まだ北海道の8割はこの形態です。こういうパーラーと言うところに、牛が来て並んで搾ってもらって帰っていく。最近増えているのは、回るパーラーです。手前から牛が入って、ぐるっと回って先に出て行く。出て行く間に搾ってしまう。ゆっくりと回っています。更に技術は進歩して、オランダやドイツでは20年ほど前から搾乳ロボットを使用していたのですが、最近のものは非常に性能が良く、牛にとってもやさしい搾乳の仕方ができるようになった。技術の進歩に合わせて酪農家は、つなぎ牛舎の形態からパーラーあるいはロータリーパーラーを選択し、規模を拡大する酪農家が多くなってきています。
しかし、つなぎ牛舎からフリーストール牛舎に規模拡大する際には、問題もあります。牧草地も増やさなければならず、牛の飼育頭数は約3倍に増えます。そうすると、牛の餌もより多く必要になります。牧草地も、3倍に増やさなければなりません。しかし、大規模になっても、家族経営の方が多くいらっしゃいます。こういった方々は、3倍に増えた牧草地の管理をし、収穫をする。または種を蒔く。そういった労働は、非常に大変なことです。そこをどのようにやっていくのか。それが酪農支援システム。1番目はコントラクターといい、農作業の請負組織。北海道では、水稲91組織、麦が115組織、豆が87組織、牧草が139組織と325組織があります。酪農では全体の4割に当たる、2,500戸の方々が利用して牧草を収穫してもらう。あるいは種を蒔いてもらう。面積的には、道内の5分1あります。この組織は、誰が運営しているのかというと、農協でやっているところが多いのですが、他には例えば、地元の土建屋さんや運送業者に委託してこういった作業会社を作ってもらう。規模拡大した酪農家は、労力の足りない部分をこの組織を利用してやっていこうとしています。

酪農家支援システム 1.コントラクター酪農家支援システム 2.TMRセンター

また、最近増えてきているのは今の形態を更に進めた形態でTMRセンターです。これは自給飼料の増産、畜産経営の安定ために飼料生産で、餌を混ぜて供給する、つまり牛の給食センターと思っていただきたい。こういう形態を北海道の酪農家の方々は、隣接する酪農家10戸程度で資金を出し合って、共同運営することが増えています。これですと、毎日やらなければならない餌の調整の作業などが必要なくなる。更に餌の与え方という作業は非常に難しく、餌そのものの牧草がどういったものなのかをきちんと分析した上で、それと合う配合飼料、トウモロコシの量や様々な物を混ぜていかなければならない。こういう組織を作り上げて、一番効率の良い餌をそこで作って配る。これなら、規模を拡大した酪農家も、取り敢えずちゃんと牛を管理して搾乳する。この管理をきちんとやって行けば良いため、家族経営でも、かなりの規模拡大ができます。TMRセンターは、現在北海道で53組織有ります。北海道では、約6,200戸の酪農家がいますが、そのうちの約1割近い555戸が利用しています。近い将来、100組織になって、2割の方々が利用するだろうと予測しています。色々な形態の支援システムを農協も考えましたが、このTMRセンターは酪農家自身が考えだし、自ら出資して作り上げていくことが多い。こういう力が、北海道の酪農家の皆さんにはあります。それが、ここまで規模拡大を牽引してきたことになります。

1 2 3 4 5