乳と乳製品のきほん知識

チーズの歴史

チーズを食べるようになったのはいつ頃からでしょうか。

チーズをいつ頃から食べるようになったか、はっきりしたことは不明です。
紀元前2000年頃のアラビアの民話では、次のように伝えられています。
「昔々、砂漠を行く隊商が、羊の胃袋で作った水筒に乳を入れ、ラクダの背にくくりつけて旅に出ました。 1 日の旅を終えて乳を飲もうとすると、出てくるのは水っぽい液体と白い固まりだけ、その白い固まりを食べてみると、それはおいしくて何ともいえない味でした。」このような偶然のできごとがチーズの誕生とされています。水筒に使った羊の胃袋の中には、レンニンという酵素があり、乳が固められ、歩いている間に揺られてチーズになったのでしょう。この原理は、何千年たった今でも、チーズ製造に採用されています。

紀元前の記録にもチーズが

紀元前4000年頃と思われる古代エジプトの壁画に、チーズなどの製造法が描かれています。インドでも、紀元前3000年のものといわれる「ベーダの賛歌」の中にチーズをすすめる歌があります。
インドの仏典である涅槃経に、「牛より乳を出し、乳より酪を出し、酪より生酥を出し、生酥から熟酥を出し、熟酥より醍醐を出すが如し、醍醐最上なり」とあり、酥(蘇)や醍醐はチーズともいわれています。

ローマ時代には重要な産業に

ローマ時代には、チーズ作りはすでに大切な産業になっており、紀元前36年以後には詳細なチーズの製造法が記録されています。
チーズの製法は秘伝のような形で伝えられ、特にヨーロッパでは中世の修道院や封建領主によっても守られ、長い歴史の間にそれぞれの地方色豊かなたくさんの種類が生まれました。

日本人も飛鳥時代から食べていた

日本では孝徳天皇の時代、645年に百済(くだら)からの帰化人の子孫、善那(ぜんな)によって牛乳と酪や蘇といった乳製品が天皇家に献上されたのが始まりです。この蘇が一種のチーズにあたるといわれますが、今の製法と違い牛乳を煮つめて固めたもののようです。醍醐天皇の時には、諸国に命じて蘇を作って天皇に貢進させる「貢蘇の儀」を行ないました。醍醐天皇はこのように酪農の理解者で、「醍醐」という乳に関係した語を天皇の名にしたといわれます。その後、権力が武家に移るにつれ、「貢蘇の儀」も行なわれなくなりました。

江戸時代に白牛3頭を輸入

8代将軍吉宗はオランダ人にすすめられインドより白牛3頭を入手して、その牛乳から「白牛酪」を製造するようになりました。「白牛酪」は、牛乳を煮詰め乾燥させて団子に丸めたもので、バターという説もありますが、よりチーズに近いものといわれています。60年後の11代家斉の時には、牛は70頭になりました。

明治8年日本最初のチーズを試作

近代ヨーロッパ型チーズは、明治8年北海道の開拓庁の試験場で初めて試作され、明治33年頃から函館のトラピスト修道院でも作られました。しかし、昭和初期までチーズの生産量はごくわずかで、ほとんどが輸入品でした。本格的に作られるようになったのは、北海道製酪販売組合連合会が北海道の遠浅にチーズ専門工場を作ってからで、昭和7年のことです。

昭和30年代後半から消費急伸

急激に消費が伸びたのは、食生活の洋風化や生活水準が向上した昭和30年代後半からです。昭和50年頃のピザの普及、昭和55年頃のチーズケーキのブームなどナチュラルチーズの消費が拡がり、昭和63年には従来多かったプロセスチーズに代わって、ナチュラルチーズの消費が多くなりました。現在では食生活の中にチーズが定着し、ナチュラルチーズの風味を楽しむ人が増えています。

チーズの歴史

チーズの歴史