第96回 牛乳・乳製品から食と健康を考える会 開催

「取材活動から感じる日本の酪農の強み・弱み ~海外の酪農事情も交えて~」

【日時】
2019年2月18日(月) 15:00~17:00
【会場】
乳業会館3階 A会議室
【講師】
農業ジャーナリスト 青山 浩子
農業ジャーナリスト 青山 浩子
【出席者】
「牛乳・乳製品から食と健康を考える会」委員
消費生活アドバイザー 碧海 酉葵
食卓プロデューサー 荒牧 麻子
元毎日新聞社記者 今井 文恵
ジャーナリスト 岩田 三代
江上料理学院院長 江上 栄子
消費生活コンサルタント 神田 敏子
評論家・ジャーナリスト 木元 教子
元日本大学教授 菅原 牧子
科学ジャーナリスト 東嶋 和子
産経新聞社文化部記者 平沢 裕子
(50音順)
乳業メーカー:広報担当
日本乳業協会:岡田専務理事、本郷常務理事他
専門紙記者
出席者
【内容】
農業関係のジャーナリストとして、1年の約半分を特に地方を中心に農村の取材に当てられ、全国各地の奮闘する農家の姿を紹介されている青山浩子氏から、海外と比較しながら、日本の酪農が持っている強みや今後に向けた課題等についてご講演を頂いた。
【要旨】
1)韓国における酪農の現状
2)デンマークにおける酪農の現状
3)日本の酪農の強みと弱み(今後に向けた課題)

今日はこのような貴重な勉強会、そして女性のジャーナリストの方々、消費者団体の方々、食に携わっている方々の前でお話させていただく貴重な機会をいただきありがとうございます。
農業のフリーのライターとして、生産現場を中心に取材をして、消費者に農業のことを伝えていきたいと、それと農家にも消費の現場のことをたくさん伝えて、消費者が求める農産物づくりをより進めてもらいたい、両方の架け橋ができればいいなというようなことを思って、今の仕事を20年やっております。

皆様はこれまでに酪農現場の話や政策的な話は随分聞かれてきたということで、海外との比較を交えて話をしてほしいと日本乳業協会さんから言われました。
実はそんなにたくさん海外は行っていないのですが、唯一酪農の関係で畜産分野・酪農分野を見た国が韓国とデンマークであります。幸いながら、ある意味日本のこれからの酪農を予測させてくれるような、特に韓国はそうで、既に韓米FTAですとか、韓EUのFTAですとか、日本よりも先に締結していまして、その後結構消費や生産の事情が変化していますので、ある意味日本が反面教師というか、これからこういう状況も予測しておいた方がいいのではないかというようなことが先に起こっている国ではないかと思います。

そして、デンマークは本当に酪農・畜産大国として非常にシステマティックな効率の良い、生産性の高い畜産が行われています。こちらは少し前になるのですが、2015年に経団連のシンクタンクである21世紀政策研究所の委員として現地を視察しました。そちらの様子をご紹介して、韓国とデンマークという本当に限られた国ですが、その様子から日本の酪農が持っている強みは何だろうか、あるいは今後に向けた課題は何だろうかということを本当に私見になりますが、私なりの見方をご紹介したいと思います。

1 2 3 4 5 6 7 8