第80回 牛乳・乳製品から食と健康を考える会 開催

目からウロコの乳和食 意義・定義に関する補足説明

以下は、牛乳・乳製品に降圧効果があるという試験結果の報告です。

『牛乳・乳製品摂取とメタボリックシンドロームに関する大規模横断調査』

研究名:
「食生活、生活習慣と健康に関する調査研究」
調査対象者数:
乳業4社の勤務者及び家族(明治乳業・森永乳業・雪印乳業・日本ミルクコミュニティ)8,659名
(非喫煙者 6,548名についての解析)
(従業員のみの回収率 36%  喫煙率)
調査内容(アンケート):
日常の食生活の把握(45項目)、普段の運動と日常の生活の様子の把握(18項目)、健康診断の結果(12項目)
調査スケジュール:
2008年10月~2009年3月 調査実施
2009年4月~2010年1月 解析
2010年8月 日本栄養・食糧学会誌 掲載

これらの試験結果については、女子栄養大学の上西一弘教授が以前この「食と健康を考える会」でご報告された内容です。牛乳・乳製品自体に降圧効果があり、更に食塩摂取が高い和食に牛乳を使うことで減塩料理が出来ることを基に、乳和食を普及させることをJミルク普及グループでは考えました。
大規模横断調査について改めてその結果を報告します。もともとは「牛乳・乳製品摂取とメタボリックシンドロームに関する研究」として調査を進めました。その結果、メタボの要因である高血圧に対して牛乳が降圧作用を持っていることが明らかになってきました。そこから乳和食の発想が出発したわけです。
調査の概要ですが、対象者は乳業4社の従業員の非喫煙者6,548名で解析をおこないました。喫煙者を除いた理由は、日常の食生活や運動に関係なく喫煙によって血圧が上下するためです。調査はアンケートで実施しています。
以下が調査結果の概要と、その結果をグラフにしたものです。

  • 研究結果の概要
  • 牛乳・乳製品の摂取が多い人では、メタボリックシンドロームが少なかった

このグラフの横軸は、日常の食生活で牛乳・乳製品の摂取量を少ない人から多い人の順に並べ4等分したもので、C1というグループは最も摂取量の少ないグループでC4は最も摂取量が多かったグループになります。縦軸は、メタボになっている人の割合で、最も牛乳・乳製品の摂取量が少ないグループがメタボリックシンドロームになっている割合を「1」とします。女性は摂取の多いグループが最も少ないグループと比べて40%メタボが少ない結果となりました。男性でもその差は20%、摂取量が多いグループが少ない結果が出ました。
女性では牛乳・乳製品の摂取量が多いほど「腹囲」、「BMI」は低かったという結果になりました。グラフで示すと以下のとおりです。
「BMI」の単位で見てみますと、多く摂取したグループの方が低い結果となっています。「腹囲」も2cm細いという結果が出ました。多く摂取しているグループの方がメタボリックシンドロームになっていない傾向が分かります。

女性のBMIと復囲との関連

また、女性では牛乳・乳製品の摂取量が多いほど「中性脂肪」は低く「HLD」は高いという結果になりました。以下のグラフが示すとおりです。
このグラフでは女性の脂質代謝と牛乳・乳製品摂取との関連を示してありますが、やはり摂取量が多いグループのほうが「中性脂肪」が少ないく、善玉と言われる「HLD」コレステロールの数値は高くなっています。

女性の脂質代謝との関連

以下は、男女ともに牛乳・乳製品の摂取量が多いほど「血圧」は低かったという結果です。
このグラフでも摂取量の多いグループの方が少ないグループに比べ男女とも「血圧」は低い結果が出ております。数値的には正常の範囲にどのグループも入っています。

男女の血圧との関連

これまでの結果は、横断調査というかアンケート調査ですので、原因と結果の結びつきという観点からは若干弱い部分があります。つまり、この調査は「牛乳摂取量が多い人ほど健康である」という結果となり、その理由は「牛乳・乳製品を多く摂る人ほど健康意識が高く、バランスのとれた食生活や規則正しい生活習慣を送っているからメタボリックシンドロームが少なくなっていたのではないか」とも考えられます。そこで、牛乳・乳製品を摂取することで、本当にメタボリックシンドロームが改善されるのかということを確認するために、次に示す介入研究も行いました。その概要を説明します。

『牛乳・乳製品摂取とメタボリックシンドロームに関する介入研究』

研究名:
「メタボリックシンドローム指標に対する牛乳・乳製品長期摂取の効果の検討ランダム化比較研究」
調査対象者数・介入期間:
IT企業従業員 年齢20歳以上60歳以下の非喫煙・メタボ男性 200名
牛乳・乳製品摂取群(牛乳400ml相当/日)100人、非摂取群:100人
牛乳摂取率93%、脱落率1%
摂取期間 24週(6ヶ月)
摂取群・コントロール群ともに栄養指導(適正なエネルギーになるような食事改善を目標とする)
臨床試験登録 UMIN000006353
調査内容:
日常の食生活の把握(45項目)、普段の運動と日常の生活の様子の把握(18項目)、睡眠調査(9項目)、血液検査(11項目)
調査間隔 スタート時、12週(約3ヶ月)後、24週(約6ヶ月)後
調査スケジュール:
2011年1月~2011年7月:介入調査
2011年9月~2012年7月:解析
学会誌:
Journal of Nutritional Science and Vitaminology

調査対象者は、IT企業の従業員で、20歳以上60歳以下の非喫煙・メタボ男性です。ランダムに100名づつ2群に分け、6か月間毎日牛乳・乳製品(牛乳400ml相当)を摂取したグループと、牛乳・乳製品非摂取グループで比較した。両群とも栄養指導を行い摂取カロリーが同じになるように指導した。この介入研究の結果は、メタボリックシンドロームに関しては両群とも良くなった。ただし、サブ解析をしましたところ牛乳・乳製品摂取群と非摂取群、両群とも肥満ではない適正体重のグループでは牛乳・乳製品摂取群が血圧(収縮期血圧)と空腹時血糖値が下がった。また更に運動をしているグループの中で牛乳・乳製品を摂取しているグループとそうでないグループではでは前者の血圧が下がった結果も出ております。

適正体重グループ 運動グループ

介入研究の結果を要約すると、両群ともに腹囲、収縮期血圧、空腹時血糖値、体重、体脂肪率、HbA1c,LDL-C、総コレステロールに優位な改善が見られた。また、牛乳・乳製品摂取群では適正体重者、適度な運動実施者で、牛乳・乳製品の摂取により血圧がより低下したということです。

1 2 3 4 5